ブラックリストって何?

誰でも「ブラックリスト」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、ブラックリストと言ってもどのようなものなのか完璧に理解している人は少ないでしょう。

ニュアンス的に悪いことというイメージがあるかと思いますが、まさにその通りです。

金融業界におけるブラックリストというのは、個人信用情報機関に保管されている個人データの信用情報に傷が付いてしまっている状態のことなのですが、ブラックリストという「リスト」が存在しているワケではありません。

しかし貸付やローンを提供している金融業者や金融機関では、審査の段階で個人信用情報機関のデータベースを参照にすることから、信用情報に傷が付いていると審査で落とされてしまいます。

つまりブラックリストと判断されてしまうのです。

ではどういう時にブラックリスト入りしてしまうのか簡単にご説明させていただきます。

最も多いのが「返済遅延」であり、約束した返済期日を超過してしまうことを言い、数日程度でしたらそこまで信用情報に傷が付いてしまう可能性は低いですが、何度も繰り返してしまうと完全にブラックリスト入りしてしまいます。

ただし一回一日の遅延も、データベースには登録されますので、厳しい審査基準の金融機関では信頼性に欠けると判断され、審査落ちしてしまうケースもあるので注意が必要です。お金が必要な理由や言い訳は?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ